専門学校に行き保育士を目指してみる

保育士になりたいと思った時に、まず高校を卒業しなければなりません。卒業後は、四年制大学か短期大学か専門学校に進学する事になります。いずれも、日中のみの講義ばかりですので今現在、会社勤めの人が学ぼうとした場合は現在の会社を退職しなければならないと思われがちです。しかし、専門学校の場合は全日制のほかに夕方から講義が始まる夜間クラスというものが存在しています。

このクラスであれば、今の会社を退職する必要なく夕方からの講義に通学できるという点が、会社勤めの人には一番のメリットです。学費も自分の稼ぎで支払っていますので講義も身に入りますし、その講義内容も全日制も夜間クラスもほぼ同じ内容です。通学期間は、学校によって異なりますがだいたい二年か三年間通学する事になります。卒業間近になれば保育士資格を取得する事が出来ますので、新たに履歴書に記入できる資格が増えます。

卒業後の就職先に対しても、専門学校側が全面的なバックアップをしてくれます。それは、勤務候補となる保育園の紹介とあっせんをしてくれるためです。中には専門学校系列の保育園を紹介してくれる事もあります。このように就職に関しても力を入れていますので、就職率が高いのも納得する事が出来ます。

特に会社勤めの人が通学している場合は、保育士への転職活動を行える場所であると考える事が出来ます。全日制でも夜間クラスでも、保育士になれるチャンスは平等にあるのが専門学校の強みです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*