実学に強いのが特徴の保育士専門学校

保育士専門学校は、実学に強いです。その理由は、教育内容が実践的なものが多くなっているためです。大学や短大の保育士養成コースも、卒業すると資格を取ることができます。しかし、そちらは実践的なものよりも知識面を重視している傾向にあります。

専門学校は2年という短い期間で卒業して保育士になっていくので、すぐに役立つことができるよう、保育の現場で使えるスキルをメインに教えてもらえます。専門学校は、目的意識を持った人たちが入学するため、モチベーションも高まります。多くの人が目的が定まったうえで入学しているためやる気があるためです。ほかの人がやる気であるならば、ダレてしまうこともありませんので、自分も勉強を頑張ろうという気になるでしょう。

短い期間で働き始められるのもメリットです。専門学校は2年コースがメインであり、2年間の短い期間で勉強しなければならないというデメリットは有りますが、すぐに働くことができます。これは、学費の少なさにもつながります。長い期間在学することになれば当然その分学費がアップしてしまいますが、2年ならそれが少なくてすみます。

夜間コースを用意している学校もあります。金銭的な都合や現在仕事をしているけど資格が欲しいという方の場合、夜間コースは働きながら卒業を目指すことができるため便利です。奨学金を用意している学校もありますから、成績優秀者なら学費免除で在学することができるケースもあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*