保育士の専門学校に通うメリットとデメリット

保育士の専門学校に通うメリットは何かというと、まず保育や幼児教育といったものを専門に学べるコースがあるので、保育理論や幼児がどのように発達していくか、また児童心理学など様々なカリキュラムが組まれておりしっかりと学ぶ事が出来るという点です。カリキュラムの中には校外学習として実際に保育園や児童福祉施設へ行き子供と触れる実践的なものもあるので非常に充実していますし、学校内には同じ資格を目指している同士が沢山いるので、共に勉強をしながら学んでいく事が出来ます。またこうしたコースで勉強をして単位を取得していけば卒業と同時に保育し免許を取得する事が出来るので、わざわざ資格取得の為に試験を受験する必要がないというのも大きなメリットです。専門学校には保育士以外にも幼稚園の先生の資格を修得出来るコースもあるので、そちらも取りたいのであれば学ぶ事も出来ます。

それだけでなく卒業生の就職のサポートも専門学校がしっかりとしてくれるというのも大きな魅力の一つです。一方デメリットもあります。まず専門学校に通うと卒業して取得獲得まで2年はかかります。学校は夜間コースもありますが、ほとんどが昼間のコースばかりなので、基本的に朝から夕方まで授業を受ける必要があり、社会人だと時間的にかなり通うのが難しいです。

また学費も2年間払わなければならない為、試験で保育士の資格を取得するよりも経済的に高く費用がかかってしまう場合もあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*