保育士を目指すなら専門学校がおすすめです

保育士になるためには、まずは資格を取ることが重要です。その為には一般的に二つの方法があります。保育士養成施設を卒業する方法と、国家試験の合格する方法です。養成施設の種類は4年制の大学、短大、専門学校があります。

中でも専門学校は比較的敷居が低いということで、利用する方が多いです。専門学校にて保育士の資格を取得することにはメリットとデメリットがそれぞれあります。メリットとしては、施設の卒業と同時にの資格を獲得できることです。基本的には2年間で取得できますが、中には3年制の学校も存在します。

昼間や夜間に時間帯を選んで無理なく通うことができるコースを選択することもできます。また、学校によっては幼稚園教諭などの他の資格も併せて取得が可能です。保育現場ですぐに役に立つようなスキルや知識を学ぶことができるのも大きな魅力であり、しかも4年制の大学に比べて学費自体も安いところが多いです。デメリットとしては2年間集中して知識や技術を詰め込むため、授業のペースも速くついていくのが大変です。

保育の学びに特化しているため、それ以外のことを学ぶことは難しいです。それ故に、社会人や主婦の様な時間が限られている方にとっては通うのが難しいといえます。専門学校で学ぶのに向いている人といえば、例えば保育士としてできるだけ早く現場にて働きたいと考えている方です。費用をなるべく抑えて、確実に保育士になりたいと考えている方や、充実した就職サポートを希望する方にもおすすめです。

大阪の美容専門学校のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*