専門学校に行って保育士になりたい

保育士になる為には保育の専門学校に通うほか、大学の保育科に通う方法もあります。専門学校に通うと、学歴は大学卒業ではなく高校卒業になってしまうので注意が必要です。専門学校は2年間で数百万円の高額な学費が掛かりますし、授業でハードな毎日になるのでよく考えてから入学しなければなりません。実際に入学してから授業が大変でやめてしまう人もいるからです。

何故なら保育士になる為の勉強は、講義を受けるだけではなく実技が大変多いからです。実技ではピアノを習ったり体育や図工もあります。併設されている幼稚園でも度々保育実習が行われますし、定期的にテストもあります。大変なだけでなく学園祭などの行事もあります。

友達も出来ますので充実した学生生活が送れるでしょう。2年目になると教育実習が行われます。保育園と幼稚園に2週間から3週間実習に行きます。クラスに入って子供達と過ごします。

先生の仕事を近くで見る事で、より保育士の仕事内容が分かります。専門学校を出て本当に先生になれるのか不安という人もいるでしょうが、心配はいません。卒業すると100パーセント近くの人が先生として働きます。最近は保育士不足という事もあり就職先には困りません。

専門学校では、就職のサポートをしっかりしてして貰えますので安心です。無事に卒業出来れば国家試験を受けなくても保育士と幼稚園教諭の免許が取得出来ます。是非資格を取得して先生を目指しましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*