保育士になるための専門学校

保育士になるためには保育士資格を取る必要があります。その資格を取るために専門学校へ通う方もたくさんいます。専門学校には指定校と併修校があります。指定校は厚生労働省・文部課科学省の指定を受けており、保育士・幼稚園教諭の免許を取得できます。

併修校では、厚生労働省の指定のみ受けており、保育士資格のみ取れます。幼稚園教諭免許を取得したい場合は、胃通信教育課程を修了する必要です。指定のカリキュラムを受け、単位を取得すれば卒業と同時に確実に資格を取得できます。卒業までに2~3年専門学校に通いますが、主に2年制です。

2年制は密度の濃いカリキュラムであり、なるべく早く保育現場で働きたい方向けです。3年制は、じっくりと保育について勉強したい方、少しでも知識と実践力をつけてから働きたい方に向いています。昼だけでなく、夜間課程を設けている学校もあります。自身で時間帯を決め、無理なく通うこともできるので、働きながら資格取得を目指すこともできます。

自身でコースを選ぶことができるところもあり、学校によっては幼稚園教諭免許なども取得できます。専門学校では、保育現場で役に立つ様々な知識・技術を学べます。例えば、保育の心理学や、身体表現・音楽などです。また、様々な資格を取得できることも可能です。

保育に特化しているので、現場で早く働きたい方に向いています。また、4年制大学に比べると学費が安く、費用を抑えて学ぶことができます。就職サポートを受けることもできるので、確実に保育士になりたい方には専門学校が向いています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*