保育士になる事を目的にするなら専門学校がおすすめ

少子化と言われる今日ですが保育士の数としては必ずしも足りているとは言えず、資格さえとれればなりやすい職業の一つであると言えます。その保育氏の資格を取得するための養成学校には普通の四年制大学、二年制短期大学、そして専門学校や通信課程がありますが基本的にどこに通ったとしてもとれる資格に相違はありません。それぞれにメリットがあり自分のスタイルに合ったものを選べば良いのですが、特に専門学校であるならば実際の現場で通用する即戦力の知識を学ぶことができると評判です。保育士になるために専門学校を選ぶメリットは、入学のしやすさにあります。

短期大学や普通の大学では資格の取得意外にも卒業論文など、その学校を卒業するために必要な課題をこなさなくてはならず、必ずしも保育士の勉強に100%傾ける事ができませんし、入学する学校によっては偏差値の高いところもあり、それに受かるような学力が必要不可欠です。それに対して専門学校であれば資格の取得が目的なので入学は容易ですし実際にも基本的な書類審査で合否を決めるところがほとんどです。授業内容も実際の現場で行われている内容を授業に落とし込んだ物がおおく、理論を学ぶというよりは体で覚えていくといった感覚です。中には実習をメインの授業として位置づけているところもあり、卒業後は即戦力として活躍している方が多くいるのも特徴的です。

そこで実際に教えている先生も保育所などで働いた経験のある方、あるいは現役の方も多くいるため、より現場の雰囲気をしる事ができてためになります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*