現場の体験を行える保育士専門学校

保育士専門学校は、指定保育士養成施設として厚生労働省の指定を受けていれば、卒業すると保育士になることができます。また、併せて文部科学省の指定を受けている学校については、幼稚園教諭2種の免許も同時に取得できるカリキュラムを設けられます。ただし、厚生労働省のみの指定の場合であっても、多くの専門学校が提携する短大の通信課程に入学してダブルスクールをすることで、両方の資格が取れるようなカリキュラムを作っています。その場合は、希望する場合に入学してそうではない場合は保育士一本という選択もできる場合があります。

詳細は学校により異なります。専門学校の特徴は、現場での実習の豊富さです。入学直後から保育園で実習をするところもあるなど、大学や短期大学に比べて授業で実習を行う機会が多くなっています。これは、直接現場で体験したことを将来的に役立てることができる点で優れているといえるでしょう。

現場では知識だけでは対応できないことも起こりますが、それを身をもって体験することができるため、卒業後すぐに役立てることが可能です。学費も大学や短大に比べて安いので、家計への負担が優しいですし、夜間コースもありますから働きながら通学もできます。その分2年間という短い期間で勉強をしなければならないことは大変です。しかし、だからこそモチベーションを高めることができますし、短期間で集中して得た知識はそう簡単に忘れることがありません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*