保育士になるための専門学校

保育士になるためには保育士の資格が取れるような大学もしくは短大に通う必要があると考えている人もいるかもしれませんが、実際には専門学校という選択肢もあります。2年間勉強すると卒業と同時に資格取得が出来るため、大学と比較すると安い費用で資格取得を目指すことが出来ます。また専門学校によっては保育士の資格だけでなく幼稚園教諭の免許を取得する事も出来るため、就職先の幅を広げることも可能になります。特に最近では認定こども園が増加しているため、資格と免許の2つをもつことが採用条件として掲げている案もあります。

専門学校を探す際にポイントになるのは認定校か併修校かどうかです。認定校の専門学校は厚生労働省と文部科学省の指定を受けているため、入学し必要単位を取得する事で保育士の資格と幼稚園教諭の免許を取得する事が出来ます。それに対し併修校は厚生労働省の指定のみであり、文部科学省の指定は受けていません。そのため併修校に通っても保育士の資格取得は可能ですが、幼稚園教諭の免許は取得する事が出来ませんので、幼稚園教諭の免許を取得したい場合は短大などのカリキュラムを通信教育課程として取得する必要がありますので、注意が必要です。

働く理由は人それぞれですが、働く女性が増えた現代では保育園や認定こども園の需要が叫ばれ続けています。しかし正社員としてしっかりと働くためには資格取得は必要ですし、それを必要としている人も多くいることも事実です。資格や免許の取得に興味がある場合は、専門学校という選択肢があることを覚えておくと良いかもしれません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*