専門学校に行って保育士になるときの注意点

保育士になろうとしたときに、どのように資格を取るかはそれぞれで違います。その方法の一つに専門学校に行って、単位を取得して卒業して資格を取るのも選択肢の一つです。その際に専門学校を出て保育士になる際には、注意しなければいけないことがあります。注意すべきことをしっかりと把握して、自分に合った学校を選べるようにしましょう。

まず初めに指定校か併修校なのか、行きたいところがどうなっているのか確認することが大事です。指定校とは厚生労働省と文部科学省両方の指定を受けているものであり、単位を取得し卒業することで保育士と幼稚園教諭両方の免許を取得することができる専門学校です。併修校の場合には厚生労働省の指定を受けているだけであり、幼稚園教諭の免許を取るためには通信教育課程を修了する必要があります。そのため両方の免許を取りたいのであれば、指定校に行く方が効率的です。

2年制か3年制かということも重要であり、主流は2年制になります。中には夜間課程の学校もあり、働きながら資格を取得することが可能なところもあります。3年制の場合にはじっくりと確実に保育について勉強したい場合や、実践力を身に着けてから現場に出たい場合に向いた課程です。保育士は小さな子供を預かる重要な仕事であるので、しっかりと勉強しておくことが重要になります。

専門学校に通う際には十分にカリキュラムを確認して、自分がそこで勉強したいと思う学校に通いましょう。大阪の美容専門学校のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*