専門学校に通って保育士を目指すときに注意すること

待機児童問題がマスコミで報じられていますが、小さなお子さんを持ったお母さんが働くには保育園が必要です。その保育園で働いている人が保育士ですが、今間違いなく社会から求められている職業の一つです。保育士になるには国家資格を取得する必要がありますが、その資格を取得するには2つの方法があります。一つは保育士養成施設を卒業する方法で、あと一つは国家試験に合格する方法です。

ここでいう養成施設には4年制大学や短大、そして専門学校があります。将来保育士として働きたい人で「早く現場で働きたい」とか「できるだけお金をかけずに、そして確実に資格を取得したい」とか「就職に際してサポートを受けたい」と考えている人は専門学校が向いています。特に「就職に際してのサポート」とはとても重要です。誰でも社会に出て働くまでは実社会についてなにも知らないのが普通です。

そのような状態ではどのようなことを基準にして就職先を決めてよいのかさえわからないものです。そうしたときにサポートを受けられるのはとても心強いものです。専門学校にもいろいろな種類があり、それぞれ特徴がありますのでそれを理解することが重要です。まず「指定校か併修校か」は大切です。

指定校の場合は卒業しますと保育士と幼稚園教諭の資格を取得できますが、併修校で幼稚園教諭の資格を取得するには別途通信教育課程を修了する必要があります。そのほかには2年制と3年制もありますのでこれらの違いを理解してうえで決めることが大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*