専門学校から保育士を目指すメリットとデメリット

保育士は資格取得をしなければなることができないが、取得する方法は2つあります。1つ目は保育士養成施設を卒業する方法、2つ目は国家試験に合格する方法です。さらに保育士養成施設にはいくつかの種類があって、その中に専門学校があります。ちなみに4年制の大学と短大も養成施設に含まれます。

そんな専門学校だが、ここから保育士を目指すにはメリットはもちろんデメリットもあって、まずメリットは学校を卒業すれば資格を取得できること、そして多くの専門学校は2年制なので短い期間で取得ができること、ただし中には3年制を導入している学校もあります。これ以外にも昼間だけでなく夜間で通えるコースもあるので、自分が好きな時間帯を選んで通うことができたり、2年間や3年間の間、保育に関する勉強しかしないので、すぐにでも現場で活躍できるスキルを学べます。さらに学校によっては幼稚園教諭など他の資格取得ができる学校もあります。何より4年制の大学と比べると学費も安いのがメリットです。

続いてデメリットは2年間にわたり保育の勉強だけをしていたとしても、その短い期間で知識と技術を詰め込むにはかなり短いので、毎日の授業が忙しい特徴があります。また、保育に特化したカリキュラムなので他の知識を学ぶことはできず、進路変更する際には他の学校に転校する必要があること、最後に授業は毎日8時間程度あるので社会人や主婦が通うには難しい点です。このように専門学校から保育士を目指すにはかなり濃密な授業が受けられる一方で、それだけに毎日の授業が忙しいなどのデメリットもあるので、これから目指す人は良く考えてから選ぶようにしてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*