保育士になるには、専門学校か大学に通おう

女性の社会進出が推進されるにつれ、深刻な待機児童問題が発生しています。同時に、優秀な保育士をたくさん確保することも急がれています。このことも深刻な問題なのです。逆をいえば、保育士になりたい人にとってはチャンスだといえます。

そのためには、保育士資格が必要です。国家資格ゆえ、養成課程で所定の授業や実習を受けるか、国家試験に合格する必要があります。学校に通わずに試験を受けるという方法もありますが、簡単なものではありません。国家試験のための通信講座もありますが、ともに勉強する仲間がそばにいないと、高いモチベーションを保つのに苦労します。

その後の就職やサポート体制のことも考えると、大学や短大、専門学校に通って目指すのがベターです。専門学校の場合は、基本的に2年ですべての課程を修了させることとなります。英語や社会教養など、保育以外の面も勉強するため4年をかけて卒業する大学とは違い、専門学校の場合は2年で保育を専門的に勉強します。そのため、大学よりもゆとりがなく忙しい学生生活を送ることとなるでしょう。

早く社会に出て働きたい、大学4年間の学費を払う余裕がないという側面から、専門学校で保育士を目指している人もいます。また、一度社会人を経験した人や、大学で別のことを勉強していた人が、保育士を目指して専門学校に入り直す例もあります。子どもと接すること、育てることができる人材を必要としている場所はあちこちにあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*