保育士の夜間専門学校について

一般的に保育士が行く昼間の専門学校は2年間通わなければいけません。そして必要な科目を履修すると保育士の資格を得ることができます。一方、保育士の夜間専門学校の場合はどうしても1回の授業時間が昼間の場合よりも短くなってしまうので3年間通学する必要があります。3年間通って必要な科目を受講して卒業すると保育士の資格を取得することができます。

なお夜間の部の多くでは昼間の時間帯は空いている人が多いのでその時間帯働ける保育園を専門学校の方から紹介してもらえることがよくあります。このため、夜間の部に通う学生は、昼間は保育園の助手として仕事をし、夜は専門学校に通って保育実習などをして資格取得を目指します。このように実際の保育の現場を体験しながら資格を目指せるのが夜間の部の良いところです。またこのような昼間の保育園での仕事がたとえ助手やアルバイトであってもまじめに働けばその保育園にそのまま就職できることもあります。

夜間の部の良いところはこれだけではありません。夜間の部のほとんどの専門学校では保育士の資格の他に幼稚園教諭免許も取得することができるのです。同時に2つの資格を取得できるので就職の際の選択肢の幅を広げることができます。なお夜間の部に通って具体的に就職できるところに保育園、幼稚園、養護施設、知的障害児施設などがあります。

就職率も良いので昼間のアルバイトとの両立がうまく行けば2つの資格取得と就職先を手に入れることができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*